道路区画線(白線・ライン引き)

道路区画線・白線ライン 道路上にある白線・ラインには、様々な種類があるのをご存知でしょうか?駐車場ライン(白線・ライン引き)コーナーにて記載されている種類が主ですが、その他にもタイヤが白線上に乗った際に振動を伴う高輝度ライン・雨天時でも視認性の良いライン・硬質骨材が塗料の中に混入され耐摩耗性に強いライン・大粒系のガラスビーズが散布されているもの(車のライトによる光の再帰反射の割合が多いもの)など様々です。各種類、道路形態・形状によって使い分けられ危険とされる道路構造下では、事故の低減に繋がる様々な白線・ラインが設置されております。

全てのラインには、ガラスビーズというガラスの粉末が散布されております。上記でも少し触れましたが、これは夜間、車のライトによる光の再帰反射を目的としており、暗闇での道路上の白線の視認性を保つ為に使われています。

また、一見バラバラに見えるこの道路上の白線。実は、すべて設置仕様が決まっております。それぞれの管理者道路又は、法定速度や道路構造によって仕様は異なりますが、車を運転される際に、少し目線をラインに向けてみて下さい。面白い発見が見つかるかもしれませんよ。