薄層カラー舗装(滑り止め)・路面カラー化

道路のカラー塗装 最近、車を運転されている際に、道路上が様々な色で着色されているのを目にしませんか?これは、薄層カラー舗装と言って、道路の舗装の上を着色することにより、通行区分を分かり易くしたり、危険な箇所であることを明示したりするのに使用されます。一般的な汎用としては、急カーブ箇所の減速を促したり、交差点の手前30m区間を着色して、交差点があることを予告させたり、複雑多様化してきた交差点の右折誘導を促したりしています。また近年では、自転車と歩行者の分離であったり、自転車専用レーンの明示に使用されたりしています。

 当社も最近多く工事を施工させて頂いている工種の一つとなってきています。民間の駐車場での身障者スペースの明確化など、幅広く利用できる製品となっておりますので、お気軽にご相談・お問い合わせ頂ければと思います。