道路区画線(白線・ライン引き) 施行事例

  • 更新日:

    これも空港滑走路内にある区画線の一つ、接地点標識です。これを目印に、飛行機が空港に着陸する大変重要な標示となっております。

  • 更新日:

    これは空港滑走路内に施工された、停止位置案内標識です。標識といっても区画線で施工されています。パイロットが正確に飛行機を停止する為には欠かせない区画線標示の一つです。

  • 更新日:

    通常、溶融式区画線は、スリッター方式といって、材料自重で、専用機械から材料が塗布されますが、写真に見られるように、これは、溶融噴射式といって、スリットに取り付けられているロールとブラシで溶融材を噴射する工法です。

  • 更新日:

    区画線(白線・ライン)は、引くだけではありません。古くなった区画線や、設置位置が変更になる区画線は、消さなければなりません。ラインイレイザー(抹消機)という機械にて、区画線を削り取ります。

  • 更新日:

    この施工写真は、物流会社の構内道路に、進入禁止マークを施策した事例です。一般車両が誤進入するのを防ぐ為の安全対策の一環としてご採用頂きました。

  • 更新日:

    これも溶融手動式の工法ですが、材料が青色で、且つ滑り止め材も混入されています。これは、路肩を青色着色することによって、歩行者通路を明確にする効果があり、近年多くの自治体が通学路対策として路面のカラー化に取り組んでいます。

  • 更新日:

    道路にある「止まれ」文字を施工している写真です。これは、溶融手動式といって、手引きの機械で線を一本ずつ施工しています。白線の幅も、「止まれ」の文字を描くだけで、15cm、30cmの2種類の機械を使用します。

  • 更新日:

    国道の移管に伴い整備された道路に対して事故防止の為に施策された事例です。上空から見ると一目で分かりますが、区画線の設置は、道路構造をコンパクトにし、車両を的確に誘導する手法の一つとも言えます。

  • 更新日:

    歩行者と車両との事故が頻繁に起こる箇所に事故対策として「歩行者注意」の文字と減速ドットを施工した事例。区画線の設置は、交通事故対策の中では、手間のかからない即効対策の一つとして多くご採用頂いております。

  • 更新日:

    これは、「この先急カーブがあります。速度を落としてください」という意味合いの減速マークです。カーブ地点に近くなるにつれて、設置間隔が短くなり、心理的に減速効果をねらったレーンマークです。